WordPressのバージョンアップ!その前に

WordPressのバージョンアップ!その前に

WordPress バージョンアップ その前には必ずバックアップを!

WordPressにはバージョンアップがつきもの。
つい先日も3.8がリリースされましたね。

バージョンアップ お知らせ画面

WordPressを開いて「更新してください。」とこの帯が出ると
更新しなくては!という気持ちになりますが、ちょっとお待ちを。

準備せずに実行してしまうと
バージョンアップしたらサイトが真っ白になってしまった!!!ということになりかねません。

備えあれば憂いなし。

バージョンアップの前にはバックアップを取っておきましょう。

バージョンアップの方法

プラグインを使う

自動でバックアップを取りたい、効率化したい方はプラグインでバックアップを取りましょう。

「WordPress バックアップ プラグイン」で検索すると色々と出てきますが、
「BackWPup」がWordPress関連ファイルとデータベース両方バックアップが取れて高機能のようです。

【バックアップのプラグインを比較した参考記事】
サイトまるごとバックアップできるWordPressのプラグインを比較した結果「BackWPup」を使ってみようと思う | namaraii.com

【BackWPupのインストール、設定方法についての参考記事】
WordPress関連ファイルもDBも一度にバックアップできるプラグイン「BackWPup」 | SaaSes Staff Blog

手動でバックアップ

バージョンアップの時や月1程度のバックアップなら面倒ではないという方、
プラグインを新たに入れるのに抵抗があるという方は手動でバックアップを取りましょう。

WordPress関連ファイルをFTPでダウンロード

FTPに接続し、WordPressの関連ファイルをダウンロードしてください。
関連ファイルとは「wp-content」フォルダの中身ですが、面倒な場合はサイトまとめてダウンロードしておけば問題ないと思います。

記事や固定ページのバックアップには管理画面でエクスポート

「ツール」>「エクスポート」から、「エクスポートファイルをダウンロードする」をクリックすると
データベースファイルがダウンロードできます。
エクスポート画面

データベース全てのバックアップを取るには「phpMyAdmin」を使って

管理画面のエクスポートでは全てのデータベースのバックアップは取れません。
各種レンタルサーバーのユーザーページから「phpMyAdmin」に入り、バックアップを取りましょう。

【phpMyAdminでバックアップを取る方法についての参考記事】
手動でWordPressのバックアップを簡単、且つ完璧にとる方法 | nekuramakura

バージョンアップの前にはバックアップ!
これで安心して更新ボタンが押せますね。