WordPressで関連記事を表示するプラグイン

WordPressで関連記事を表示するプラグイン

関連記事の表示には Yet Another Related Posts Plugin が便利

記事を書いたら、他の記事も読んでもらいたいもの。

「 WordPress 関連記事 プラグイン 」で検索するといくつか出てきますが、
その中で便利だなと思ったものが「 Yet Another Related Posts Plugin 」です。

  • 設定が日本語でわかりやすい
  • 表示形式が「リスト」と「サムネイル」の両方選べる

設定方法

インストール

WordPressのプラグイン>新規追加で「 Yet Another Related Posts Plugin 」を入れて検索すると出てきますので
「いますぐインストール」をクリックしてインストール、有効化してください。

Yet Another Related Posts Plugin新規追加画面

設定>YARPPをクリックすると設定画面が出ます。

表示設定は簡単です

表示設定画面

日本語なので特に迷うところもないと思います。

  • 表示するページ(投稿、固定ページ、メディアを選んでチェック)
  • 関連記事数(数字を入れます。デフォルトは4)
  • 表示形式(リストにするか、サムネイルにするか)
  • 関連記事表示を囲むタグを設定
  • 表示順番(関連順、日付順、タイトル順から選ぶ)

設定後、「変更を保存」を押すと自動表示されます。

ポイント

関連記事表示を囲むタグはデフォルトだと「関連記事」→「Related posts」になっています。
そのままでも良いと思いますが日本語のサイトなら「関連記事」にした方が良いかなと。

そして、関連記事がない時の表示もデフォルトだとh3で「関連記事はありません」になりますが
記事の内容の最後にいきなり太字で「関連記事はありません」だと違和感があったので
h3で「関連記事」と入れ、その下に「関連記事はありません」にするのをおすすめします。

関連スコア設定を忘れずに!

そのままサイトを確認すると、「関連記事はありません」が多くなります。

表示オプション

上部にある「表示オプション」を開くと、デフォルトで表示されていない
「関連スコア設定」がありますのでチェックを入れてください。

関連スコア設定

関連スコア設定がデフォルトで「5」になっているので
関連記事を表示させたい場合は「1」にしてください。

その下のタイトルなども「検討しない」「検討する」「検討する(重要視)」と選べますので
それによって関連記事の出方が変わってきます。

フィルター設定もできます

27_img06

特定のカテゴリー、タグを関連記事に表示させない設定も可能です。

WordPressで関連記事を表示させたい方は試してみてはいかがでしょうか。